« i-MiEV 再び半分 | トップページ | イオンモール草津 口福堂 その2 »

2010年9月22日 (水)

工人舎 PM1WX16SAをGETしました

ご存知の方にはいまさらのお話ですが、会社の友人Iさんから工人舎のPM1WX16SA(以下PM)をGETしました。ポケットサイズのPCです。

P1000961

P1000962

いまさらですが、主なスペックは

CPU:Intel Atom processor Z510 (1.10GHz)
メモリ:512MB (オンボード 換装・増設不可)
ストレージ:16GB SSD
LCD:タッチパネル付 4.8型ワイドTFTカラー液晶
   解像度(標準表示)1,024 x 600ドット
   Hotキーにて 640 x 480, 1024 x 768ドットへ切り替え可能
インターフェース:無線LAN IEEE802.11 b/g
          microSDスロット (SDHC対応)
          miniUSB2.0
バッテリー:リチウムイオンバッテリ (7.4V、2400mAh)
       駆動時間約7時間
サイズ:約158mm (W) x 約94.2mm (D) x 約13.5〜22mm (H)
質量:約345g

正真正銘ポケット、それもシャツの胸ポケットに入るサイズです。重さも500gをはるかに切る345gです。これでXpが動くのですから、さすがです。
弱点は、SSDが16GBしかないので、Xpをダイエットしたり、My Documentsやテンポラリフォルダ関係をmicroSDHCに移したりとしています。そこへOperaやMicrosoft Office2003などをインストールして、なんとか空き容量が5GB弱です。
それに4.7インチで1024x600のLCDも、アラフォーのDONの眼には厳しいです。Operaはデフォルトで120%に設定しました。

ちなみにDONにとってポケットPCといえばHPの200LXです。というわけで、意味もなく200LXと比べてみました。

P1000963

P1000964

200LXのサイズが約158mm(W)x86mm(D)x26mm(H)、質量が約312gです。幅はまったく同じ、厚さはPMが、奥行きは200LXの方がちょっと小さいです。キーボードは両手の親指だけで使えた200LXの方が打ちやすいです。ただしタッチパネルが使える分PMの方が直感的に使えます。

我が家で初の無線LAN(でしか繋がらない)のPCです。この冬のこたつPCはPMでしょうか?CF-R1でしょうか?i家の中ならまだCF-R1の方が便利です。お外に持ち出すのはPMになりそうです。あとはイーモバやWiMAXにでも入れば完璧ですが、それはまた機会があればということで。

|

« i-MiEV 再び半分 | トップページ | イオンモール草津 口福堂 その2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250423/36882813

この記事へのトラックバック一覧です: 工人舎 PM1WX16SAをGETしました:

« i-MiEV 再び半分 | トップページ | イオンモール草津 口福堂 その2 »