« 夏の花 | トップページ | ゴーヤ その2 »

2010年8月16日 (月)

i-MiEV 実家から帰ってきました

さて、実家からうちに帰る日となりました。今回は実家で満充電して、その代わりエアコンを使いながら帰ります。およそ60kmの道のりです。

実家を出発するときの残距離メータ
P1000896

エアコン無しでは130kmほどの表示でしたが、エアコンを入れたとたんに89kmになりました。いくら猛暑の最中とはいえ、ちょっと減りすぎじゃないですか?

まぁうちに帰るには十分なので、そのまま出発します。最初は順調でしたが10kmほど走ったところで渋滞につかまります。とろとろとした走りが続きます。1時間後20kmほど走ったところでようやく渋滞から開放されます。ここまで平均時速が20km/hほどです。これぐらいの速度では残距離がほとんど減りません。むしろ時々増えたりします。やはり電池は小電流で休み休み使うと消耗しにくいということでしょうか。

残り40kmほどは順調に走ります。といってもスピードを出しすぎると電費に悪いので、周りを気にせずMAX50kmを維持するようにします。残距離も順調に減ります。

ということで、無事にうちに着きました。電量メーター、トリップメーターと残距離メーター
P1000898

P1000897

58km走って、残距離メーターの減少が24km、電量メーターの減少が8目盛りでした。結果として、電量メータの減少はエアコンを使わないときとあまり変わりがない、残距離メーターはエコドライブの成果もあって実走行距離の4割程度ということです。もう少し推察してみると、前半20kmは渋滞のせいもあり残距離メーターの減少は0km、後半38kmはエコドライブと、車内が冷えてエアコンの稼働率が下がったために、実走行距離の6割程度になった、と考えます。

皆さんはこの結果をどう見ますか?詳しい方コメントをよろしくお願いしますm(_ _)m。

|

« 夏の花 | トップページ | ゴーヤ その2 »

」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
i-MiEVというか、電気自動車は時速0kmの時は基本消費電力が0なので、電気は減らないという事になってます。
ガソリン車だと止まっていてもアイドリング中は燃料を消費しますので。。。
以前、メーカーの方にi-MiEVの経済速度は時速何Kmか聞いた所、30Km/hと言われました。
つまり、渋滞の中をトロトロ流す事が一番の経済速度であると思います。
自分は個人で購入、主に通勤に使ってます。
たま~に遠出して電気自動車における現状もレポートしております。
自分のブログも参照して頂ければ幸いです。
http://minkara.carview.co.jp/userid/214850/profile/

投稿: GOLD STOREHOUSE | 2010年8月31日 (火) 09時51分

GOLD STOREHOUSEさん、いらっしゃいませ。

シャリオ13台すごいですねぇ。思い入れを感じてうらやましいです。

i-MiEVは同じカラーリング&シールでうれしいです。「紅白の車」って呼ばれません?

コメントありがとうございます。DONもなにかで「経済的なスピードは20~40km。それ以上は出せば出すほど電費が落ちる」
と聞いたことがあります。
ですので、渋滞で電費は良いですし、あと停止線の前でも早めに回生ブレーキでスピードを落とすようにしています。後ろの車には迷惑でしょうがbleah

これからもi-MiEVネタを書いていきますので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: DON | 2010年8月31日 (火) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250423/36193611

この記事へのトラックバック一覧です: i-MiEV 実家から帰ってきました:

« 夏の花 | トップページ | ゴーヤ その2 »