« さよならラウム! ようこそi-MiEV! | トップページ | ゴーヤ »

2010年7月 4日 (日)

i-MiEVファーストインプレッション

去年試乗したので「ファースト」じゃ無いですけど、あの時は緊張でテンパってたので無しと言うことでbleah

まず乗っての感想は「意外に広いな」という感じです。前のラウムに比べれば客室容積は2/3程度に感じるんですが、それでも狭いとは感じません。隣に相方が乗り込みましたが、適度な距離感です。
狭いと感じるのは、後ろを振り返ったときです。リアウインドが小さく視界が狭いです。やっぱりバックモニターが欲しいかな。
まぁ、この辺りはベースのiと変わってないはずですから、文句をつけても仕様が無いですが。

キーレスでスイッチをONにしますが、「ポポーン」という音が鳴って「READY」のランプが点くだけです。正直物足りないというか拍子抜けします。ここだけでも音声にするとか、メロディにするとかして、「走るぞ」という意識というか緊張感を高めて欲しいです。また、スイッチの動作やサイドブレーキの動作など、iとあまりにも違いが無さ過ぎて、これも物足りなさを感じます。まぁ違和感が無くてわかりやすいと言えばそうですけどcatface

シフトをECOにして走り出しますが、加速も減速も必要にして十分って感じです。前を走る車に合わせて走りましたが、遅れることも無く煽ることも無く、電気自動車ということを良くも悪くも感じません。
そこでDに入れると、その瞬間に、通常の車でシフトを1段上げたような加速を感じます。「グーーン」というよりも「クンッ!dash」という感じです。また、Dで信号からスタートすると、後続を引き離す加速をします。ちょっと癖になりそうですlovely
次に止まる際にBに入れるとグンと回生ブレーキがかかるのを感じます。そのままスピードを落として、最後の最後にフットブレーキで止まる、っていうのが一番しっくり来る止まり方です。

慣れてくると、
1.普段はECOで発車(それでも十分)気分が乗っているときはDでスタート(結構気持ちいいhappy02
2.そこそこの速度でECOに入れて慣性走行(メーターがECOの範囲で落ち着いてエコ走行)
3.追い越したいときとか加速したいときはDに変速(クンッ!dash)
4.止まるときはBに入れて、回生ブレーキで徐々にスピードを落とし、20km/h位からフットブレーキで停止(メーターがCHARGEに振れると素直にうれしい)
って感じで走るのがいい感じです。

1速のモーター相手に、マニュアル車並にシフトレバーを握りっぱなしです。結構楽しいです。

P1000770

|

« さよならラウム! ようこそi-MiEV! | トップページ | ゴーヤ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250423/35624958

この記事へのトラックバック一覧です: i-MiEVファーストインプレッション:

» 今日における電気自動車の真実 [にっき (n-yoshi@laresjp)]
EV/電気自動車と呼ばれる新種の車両について、実に残念な記事と、実に的確な記事、そして実際のところをガチンコで検証した映像をまとめてご紹介。 一つ目の記事は、 EV がどれだけ革新的なモノであるのかと、よくあげられる「懸念事項」や「欠点」が「程なく解決できるもの」や「タダの特徴のヒトツに過ぎない」ことを分かり易く解説してくれています。 clip IT! from My Life After MIT Sloan 「電気自動車は意外と早く普及する」 二つ目の記事は、専門家でなくともちょっと意識を向けてい... [続きを読む]

受信: 2010年7月 8日 (木) 15時09分

« さよならラウム! ようこそi-MiEV! | トップページ | ゴーヤ »