« 春は名のみの その2 | トップページ | i-MiEV リース情報をGETしました »

2010年4月24日 (土)

野村万作・萬斎狂言公演

今日は午後から、びわ湖ホールで「野村万作・萬斎狂言公演」を見に行きます。野村万作さん、萬斎さんの狂言公演はびわ湖ホールが出来て以来、毎年のように行われ、そのたびに見に来ています。

P1000652

P1000651

まず、萬斎さんがストーリーと用語解説のレクチャーを行います。このレクチャーもおもしろくまたわかりやすく、リラックスして舞台に集中できます。

一曲目は「謀生種(ほうじょうのたね)」いつもおじさんにウソをつかれる甥が、逆にだまそうとするが結局負かされてしまいます。おじさんは「うそがうまいのはうその種があるから」と言って、甥に庭を掘らせますが、もちろんそれもうそでした、というお話。わかりやすいコントねたですね。

二曲目は「八句連歌」友人に借金をしている人が、返せないのを謝っておこうと友人宅を訪ねます。友人は、また借金に来たのか、と居留守を使います。しかし、伝言に残していったお侘びの句を聞いて呼び戻し、連歌を行います。桜を句に詠んだ春らしい曲です。

3曲目は「花折」お寺の新発意(しんぼち:出家したての人)が、留守番を任され、お寺の桜を見に来る人が来ても中に入れないように、と言われます。しかし、お酒飲みたさに花見客に難なく入られてしまい、自分もへべれけになって、お土産に桜の枝を折ってあげてしまいます。2曲目と同じ春の曲ですが、謡いの入ったにぎやかな曲です。

3曲ともわかりやすく楽しい内容で、あっという間の2時間でした。びわ湖ホールも、県の事業仕分けで民営化の話が出ていましたが、こうした公演はいつまでも続けて欲しいです。次の公演が楽しみです。

|

« 春は名のみの その2 | トップページ | i-MiEV リース情報をGETしました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250423/34367069

この記事へのトラックバック一覧です: 野村万作・萬斎狂言公演:

« 春は名のみの その2 | トップページ | i-MiEV リース情報をGETしました »