« i-MiEV 国の補助金が決まりました | トップページ | 海津大崎にて »

2010年4月15日 (木)

さよなら ラウム その1

i-MiEVの購入手続きが着々と進んでいますが、その一方で片付けなければいけない問題があります。今乗っている車をどうするかです。

DONが今乗っている車は、トヨタのラウムです。1998年製の初代ラウム(EXZ15)の前期型のCパッケージで、4WDで、グリーンとシルバーの2トーンという、マイナーな仕様です。
新車で購入し、12年目の点検を今年2月に受け、順調に行けば来年13年目の車検を受けるつもりだったものです。
12年も経つと、あっちをぶつけ、こっちをこすりで、全身すり傷だらけです。電装系も疲れてきていて、左ドアミラーは収納できなくなり、インダッシュのモニターも収納できなくなりました。また、ナビの地図データが1997年度と古いものなので、道なき道を走ることが多くなってきました。

P1000640
P1000639

この愛車を引き取ってくれるところ(しかも出来ることなら値段をつけて)は無いかなぁ、ということで、まずはi-MiEVを購入する滋賀三菱販売さんに査定してもらいます。
>どうでしょう?
「残念ながら0円ですね」
>やっぱり・・・sweat02

次はラウムを購入したときから、点検・修理とお世話になっているネッツトヨタ滋賀さんに査定してもらいます。
>どうでしょう?
「残念ながら0円ですね」
>やっぱり・・・sweat02

ついで、ということで、ネットでも査定してみることにしました。手っ取り早くYahoo!自動車に広告の出ていたガリバーさんで車種情報などを入力します。すると、ネットでは値段が出ずに、後で電話連絡します、ということになりました。
電話によると「実際に見てみないとわからないですね」とのこと。最初っからそー言えばええやん。

ということで、ガリバー近江大橋大津店に伺います。
>どうでしょう?
「40000円ですね」
>え"、値段がつくんですか?
「FFだと値段はつかないんですが、4WDということで輸出用とかに需要があるみたいですね」
その後は「i-MiEVを買うって人は初めてです。ぜひ査定させてくださいheart04」などと、i-MiEVの話で盛り上がってしまいました。

何とか買い取ってもらえるところが見つかりそうです。そうなればなったで、こんなボロボロでも愛らしくなってくるものですね。

|

« i-MiEV 国の補助金が決まりました | トップページ | 海津大崎にて »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250423/34243185

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら ラウム その1:

« i-MiEV 国の補助金が決まりました | トップページ | 海津大崎にて »